第4回産総研人工知能ワークショップ Workshop on Container Technologies for Convergence of HPC and AI/Big data Analysis

2017-07-10(月)13:30 - 17:30

【※今回より会場が変更になっております※】Asia startup office MONO

【※今回より会場が変更になっております※】〒135-0064 東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14階

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

第4回産総研人工知能ワークショップ Workshop on Container Technologies for Convergence of HPC and AI/Big data Analysis

産業技術総合研究所 人工知能研究センターでは、人工知能研究に関する情報交換を目的として、原則として月に一度、外部の方やセンター内研究者を講師とする人工知能セミナーを開催しています。2017年7月は「Workshop on Container Technologies for Convergence of HPC and AI/Big data Analysis」を開催します。

基本的にどなたでも無料でご参加いただけますが、事前申込が必要です。人工知能に興味のある方は奮ってご参加ください。多くの方々にご参加いただき活発な議論が行われることを期待しています。

要旨

本ワークショップの講演はすべて英語で行われます。通訳はございません

産総研では世界最大級のAI処理能力を有するクラウド基盤(AI橋渡しクラウド、ABCI)を2018年の稼働に向けて準備中です。さらに産総研・東工大実社会ビッグデータ活用オープンイノベーションラボラトリラボラトリ(RWBC-OIL)では、ABCIや東工大TSUBAME スパコン上で効率的かつ簡便に深層学習・機械学習やビッグデータ解析を実行するために、高性能計算とAI・ビッグデータ処理系を融合したオープンプラットフォームの構築に取り組んでいます。本ワークショップでは、高性能計算分野におけるコンテナ技術の最新動向およびユースケースについて各分野の専門家にご講演頂き、最新動向の共有と今後の技術課題について議論します。


基本情報

  • 名称:
    第4回産総研人工知能ワークショップ Workshop on Container Technologies for Convergence of HPC and AI/Big data Analysis

  • 日時:2017年7月10日(月)13:30 - 17:30

  • 受付時間:12:50 - 17:00 ※ 受付時間外に来られた場合には対応できないことがございます。

  • 場所:〒135-0064 東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14階
    Asia startup office MONO

  • URL:https://mono.jpn.com/telecom-center-access/

  • 定員:200名

  • 参加費用:無料

  • 主催:産業技術総合研究所人工知能研究センター

  • 連絡先:人工知能セミナー窓口

  • 本セミナーは、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)による委託事業「次世代人工知能・ ロボット中核技術開発(次世代人工知能分野)」による活動となります。

  • 今回のセミナーは、産総研・東工大実社会ビッグデータ活用オープンイノベーションラボラトリラボラトリ(RWBC-OIL)との共催です。

注意事項

  • 他の方に参加の機会をお譲りするためにも、参加ができないと分かった場合は早めのキャンセルをお願いします。

  • 本名でのご登録をお願いします。

  • 産総研は、お送りいただいた情報をセミナー運営以外の目的には使用しません。

  • 懇親会の予定はありません。

プログラム

13:30 -13:35 オープニング
13:35 - 14:00 森野慎也(NVIDIA)
Title : GPU-computing with nvidia-docker in cluster environment.
Abstract : NVIDIA is releasing nvidia-docker, and nvidia-docker is a tool to make GPU utilization easier under docker environment. In spite of nvidia-docker, we still need further consideration and integration with popular resource managers and schedulers to efficiently utilize GPUs in cluster environment. In this talk, challenges for effective utilization of GPUs in cluster environment will be discussed. Furthermore, topics for the next version of nvidia-docker will also be introduced.
Profile: Shinya Morino, Ph.D. Shinya Morino Joined NVIDIA in 2013, and has been working for education and customer supports on GPU-computing. Currently he is working as a DGX-1, whose software stack is strongly depending on docker.
14:00 - 14:25 井原修一(DDN)
題目:Data resource and Security Management for Docker Container on Parallel filesystem
概要:HPC、AIおよびビックデータのシステムにて、Docker等のコンテナ技術の利用機会が増えるなか大規模ストレージシステム、並列ファイルシステムに対するデータリソースマネージメントおよびデータセキュリティの重要性が高まっています。DDNでは早くから並列ファイルシステムLustreのセキュリティエコシステムを構築すべくLustreコミュニティに貢献してきました。今回、並列ファイルシステムLustre上にてDocker Container利用時のデータ資源管理およびデータセキュリティ等の最新の取り組みをご説明します。
略歴:DDN パフォーマンスエンジニアリングラボ、シニアマネージャ、井原修一

2010年にDDNに入社後、I/Oベンチマーク、パフォーマンスチューニングおよび大規模ストレージシステムの提案活動に従事 現在は、次世代ストレージシステムおよびアーキテクチャ等の性能評価および提案活動、加えて並列ファイルシステムLustreの開発責任者を兼務 DDN以前は、Sun Microsystems社に10年勤務し、Securityコンサルタントの経験を得て2006年からHPCストレージシステムのエンジニアとして、国内外の HPCストレージの提案、導入およびサポート等に携わる 2007年からは、Lustreの開発チームに移籍し、ソフトウェア開発エンジニアとしてLustreを含むSun HPC Software Stackの開発業務
14:25 - 15:25 Lucas Benedicic、Felipe Cruz(Swiss National Supercomputing Centre、Computational Scientist)
Title: "Shifter: deploying Docker containers on HPC systems"
Abstract:In this talk we will describe the experiences of building and deploying containers using Docker and Shifter on Piz Daint, the Cray XC50 supercomputer at CSCS. Docker is widely used by developers as a powerful tool for standardizing the packaging of applications across multiple environments, which greatly eases the porting efforts. On the other hand, Shifter provides a container runtime that has been specifically built to fit the needs of HPC. We will briefly introduce these tools while discussing the advantages of using them to fulfill the needs of specific workflows for HPC, e.g., security, high-performance, portability and parallel scalability. We will also present benchmarking tests that show the performance portability of certain workflows as well as performance results from the deployment of widely used non-trivial scientific applications. Finally, we will show how containerized application deployed with Shifter on Piz Daint can use specialized hardware like Cray Aries interconnect and NVIDIA Tesla P100 GPU accelerators.
15:25 - 15:40 break
15:40 - 16:40 Burak Yenier (UberCloud, CEO)

Title:HPC-workloads in the Cloud and Container technologies
略歴:Burak Yenier is the CEO of UberCloud. He is an expert in large-scale, high availability systems and cloud. As an early SaaS proponent, Burak's management experience spans software development and operations. His most recent role was as the Vice President of Operations of a Silicon Valley SaaS company in banking. Burak built the company's cloud infrastructure and operations from scratch and for scale. He also managed all the data centers and the digital payment operations. Burak co-founded UberCloud in 2012. UberCloud has developed over 150 case-studies in every conceivable area of engineering simulation. The company publishes award-winning blueprints and best practices in cloud and technical computing. Burak simplifies the lives of engineers with powerful, easy to use compute environments in the Cloud. @BurakYenier https://www.linkedin.com/in/buraky/
16:40 - 17:05 合田憲人(NII)
Title: Application-Centric Overlay Cloud Utilizing Inter-Cloud
Abstract: This talk presents a middleware development project to build big data analysis platforms on inter-cloud. Our middleware automatically creates virtual clouds customized for user applications by deploying Docker containers and configuring virtual networks.
略歴:Kento Aida received Dr. Eng. in electrical engineering from Waseda University in 1997. He became a research associate at Waseda University in 1992. He joined Tokyo Institute of Technology and became a research scientist at the Department of Mathematical and Computing Sciences in 1997, an assistant professor at the Department of Computational Intelligence and Systems Science in 1999, and an associate professor at the Department of Information Processing in 2003, respectively. He is now a professor at National Institute of Informatics from 2007.
17:05 - 17:25 須崎有康 (産業技術総合研究所)

Title: Bare-Metal Container
Abstract: Container technology is popular but has some problems. It does not allow to change the kernel. It is designed for multi-tenancy and makes difficult to measure power consumption for an application on a target machine. Bare-Metal Container (BMC) is proposed to solve these problems. BMC runs a container image on a remote physical machine directly with a suitable Linux kernel. It means that user can customize a Linux kernel for an application. BMC includes overhead to boot a Linux kernel, but the optimized application can surpass the overhead. It also measures power consumption and offers the information for low power execution. BMC allows to change a target machine easily and confirm the affinity between the application and the architecture.
Bibliography: Kuniyasu Suzaki is a senior researcher at ITRI (Information Technology Research Institute) of AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology). He got a bachelor and a master degree from Tokyo University of Agriculture and Technology and received his Ph.D. in Computer Science from the University of Tokyo. His research interests are computer security, operating system, and virtualization technology.
17:25 - 17:30 クロージング
コミュニティについて
産総研人工知能セミナー&ワークショップ

産総研人工知能セミナー&ワークショップ

産業技術総合研究所人工知能研究センターが主催するセミナーおよびワークショップのコミュニティです。 産業技術総合研究所 人工知能研究センターでは、人工知能研究に関する情報交換を目的として、原則として月に一度、外部の方やセンター内研究者を講師とする人工知能セミナーを開催しています。 基本的にどなたでも無料でご参加いただけますので、人工知能に興味のある方は奮ってご参加ください。多くの方々にご参...

コミュニティに参加